検索

四徳温泉キャンプ場 むらびと祭

9月、四徳温泉キャンプ場でのむらびと祭。


自然の中で、みんなで作り、みんなで食べる

これぞ最高のごちそう!最高にうまい!


そう思わずにはいられない時間でした。

なんというか、 食べる の本質回帰。

  

教科書で地産地消とか、自然を大切にとか、頭でっかちに習うのではなくて、こういう純粋に楽しかった!の体験の下、その心はより育まれるのだと思う。五感で感じた感動は忘れない。食材は全部地元で揃ってしまうんだからまたすごい。


子どもたちは野菜切り、お母さんは肉を縛るお手伝い、お父さんは火の番人。それぞれの得意分野で活躍。みんな生き生き!



パエリアパン3台の100人前同時仕上げは初でしたが、お父さんチームのサポートや、ちびっこ火の番人たちによって無事完成。肉は吊るし焼き。



食材はもちろん全て地元の山の幸。

かつらの丘ジビエ工房から鹿と猪。お野菜は農園くさむら、大島農園、レモンは矢沢さん。お米はお隣の南箕輪村のmomoGファーム。


会場にも農園くさむらの永田さんに川島君、そして大島農園ファミリー登場。

他にも古民家の米山さんや、薪ストーブのイェルカさんや、パン屋のこねりなど地元の人たちと、県外の人たちが混ざり合って楽しむ、これまた良い交流。県外は名古屋や、兵庫、和歌山、大阪、東京から。


森のお散歩のワークショップもあり、動物の足跡をさがしたり、竹で器を作ったり、環境に負荷をかけない洗い物選手権や、

まるっと食べるにつながるストーリーがある。

盛りだくさん!


子どもたちが大きくなっても、この日のことを覚えていてくれて、

また戻ってきてくれたらとても嬉しいな。

そう思えるお祭り。そう思えるキャンプ場。

  


生きる力があるってこういうことなんだろうなぁ。

キャンプ場スタッフを見ていて思う。

生きる力がある人は、とても魅力的である。


今回声をかけてくれた雄大くん、本当にありがとうございました。

四徳温泉キャンプ場、自然と遊ぶ最高の場所です。 そう、しかも自然を大切にしながら。



灼熱のバームクーヘン作りも、楽しかったなぁ。

熱くなりすぎて脱ぎ出す男子たちよ笑

そこに水をかける男児たちよ笑


当日の様子はこちらの映像からどうぞ。 きっと来年はあなたも参加したくなるはず。





PLACE 四徳温泉キャンプ場

PHOTO YURI KATO

FILM  DAISUKE TAKASHIGE

21回の閲覧
  • Black Instagram Icon

© 2018 by Nao Mikami.All rights reserved.