top of page
検索

5/28 縄文倶楽部7 大人の縄文遠足

おいしい時間も、楽しい時間も、決して一人では生まれません。


それは、だれかとだれか、ばしょとじぶん、とち、てんき、、、

さまざまな全てとの「間」に生まれるものだと思っています。

それは、古語である「あわい」でもあるのでしょう。


そんな余白を、常に持って生きていきたいものです。


井戸尻考古館

縄文倶楽部


あるもので、料理する。

道具も頭も体も使いよう。


時間にはとらわれずに。


ただ、いただきますへのゴールへ向かい、みんなで作る食卓。


塩も大鹿村の温泉水から。



あれもこれもそれも。

そんなに使わなくても、

おいしいは、作れる。








縄文倶楽部

縄文倶楽部











小松館長による考古館ツアーから、

料理、そして、みんなで問い続ける、哲学対話。


おいしいとは?生業とは?


井戸尻考古館


縄文倶楽部

ご参加いただき、ありがとうございました。


天気にも恵まれ、最後の写真撮影時には光が差し込んだりと、

みなさまの日々の行いの良さが滲み出ておりました。


縄文倶楽部

Photo Makiko Obuchi


Special thanks

井戸尻考古館の小松館長

西さん


小笠原さん

ほそかわ農園

富士見高原ファーム

閲覧数:64回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page