検索

猪の命

Eat to live.

命をいただくこと。生きるために、食べる。

皆なにかの命の犠牲の上に生きていると実感した日。

岡田さんから解体を学んでいる。 猪、まだ温もりがあるのは当たり前なんだけどね、分かってるんだけど、触って温いから驚いた。頭で分かるのと感じるのとは別物だ。生きてたんだもんね。

この子は畑の周りをちょろちょろしていたらしく、30kgくらいでまだ1歳になるかならないか。猟師さんから電話が入ってすぐにここへ運ばれてくる。この日はオスとメス1頭ずつが搬入された。

内臓を抜くのを見る。寒い部屋とは反対に温かい湯気が上がる。皮を剥ぐところから習い、脱骨切り分けまで。 温もりがだんだんなくなると、生き物から肉になる。なんだろうかこの感覚。


狩猟も見てみたいと思った。


生きるを学ぶ。


PLACE:KURKKU FIELDS

42回の閲覧
  • Black Instagram Icon

© 2018 by Nao Mikami.All rights reserved.