検索

Soil mag.vol.2掲載

小さな自給カタログ特集


古民家七代、米山永子さんの暮らしを取材しました。


追記


私は今までで一番、季節を感じていたかもしれない。

寒い冬を乗り越えてやってきた芽吹きの春、米山家の周りは豊かな食に囲まれていた。

裏山のノカンゾウは味噌汁に、畑の蕗の薹は天ぷら、うどは梅酢で和えて、

菜の花は卵焼きに。

お彼岸の日は、なんと裏山の山椒の古木から擂粉木を作るところから始まった。

それで胡麻をすり、永子さんの母・みちこさんにおはぎを習い、仲間と一緒に頬張った。

もちろん料理の後は、生ゴミはいつも畑の土に還すので、最後まで気持ちが良い。



雪の降った冬の終わり。

いつもより一層、感謝のいただきますだった。

味噌の大豆を煮ている間のお昼。私たちの育てた大豆。




自分がいる場所を思い切って遠くに動かす。

すると見えてくる新たな価値観。


それは、1日ではなく、少しだけ長く。


価値観が揺さぶられる。

ぜひ訪れていただきたい場所です。



他にも、実践者たちのノウハウが沢山。

食糧問題についての記事も。


お勧めの雑誌です。ご一読ください。


Photo Kenta Sasaki


閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示