検索

募集 4/29 AROUND THE FIRE 5 伊那

更新日:4月20日

「AROUND THE FIRE 5」*定員となりました。


人類は火を使うことにより飛躍的に進歩した。

古来から、火は生活になくてはならない存在。

焚き火を囲み、自然の恵みを料理して、一つの食卓を作る喜びを。

原点回帰。遠い昔に想いを馳せて、昔、今、未来を考える。


<日時>

4/29.30 小雨決行 天候によりプログラムの順序が変わることがあります


<会場>長野県伊那の森

  

料理の原点といえば焚き火。

焚き火をするために必要な木のことを、私たちはどれくらい知っているだろう。


今回訪れるのは、面積の約8割が森林である伊那市。森のフィールドです。

森と暮らしを近づける林業を営む、やまとわ の森林ディレクター、伊那谷フォレストカレッジ主宰、奥田悠史さん、やまとわ代表の中村博さんに森を案内していただきます。

 

日本の国土における森林率は約7割もあります。

しかし、私たちの暮らしはいつから森と離れてしまったのでしょう。

はるか縄文時代から、日本人は森と共に生きてきた歴史があります。

実りを落とし、幹は材となり、道具となり、エネルギーとなり、その葉は空気を浄化し土の養分となり、その根は水を浄化する。

森は暮らしと共にあり、森は生き物の住処でした。

 

森を歩きながら、森にあるもので食卓を用意しながら、

森と暮らしに近づいてみる。

そこには、これからの生き方のヒントも隠れていると思うのです。


木が倒れる瞬間にこそ、木が生きていると感じる。

そう教えてくれたのは奥田さんでした。

しんしんと雪の降る日だった。雪が全ての音を吸い取る無音の中、木を切る音だけが響き渡る。そして、地面を打ち付けるように倒れる木。

その地鳴りは、まるで大地を叩くバチの様。

私の木への感覚が変わったのはこの時からでした。


森を歩きながら、火を囲みながら、木と生きる意味を体感する。



*参加型の森と食の学び場です。 

<1日目>

13:00 やまとわ集合 

      自己紹介・移動

13:30 森のフィールドワーク

    人工林・混合林・自然林を歩き

    森に残る人の足跡を読み解く。

    一本の木が倒れるまで。伐倒に立ち会う。

15:30 薪を集めファイヤーピットを組む

    夕食作り

    

18:00 焚き火を囲み食事・ ディスカッション 

21:00 移動・終了


2日目

7:30 やまとわ集合

    もうひとつの森を歩く。

    朝の森歩き・木曽山用水

    朝食作り

10:00 感じたことをシェア・まとめ

11:30 解散



<料理>

1日目夜 鹿の丸焼き、伊那谷野菜のパエリア

     *8人未満の場合は骨つき鹿腿肉になります。

 

2日目朝 鹿骨スープとパン、森のお茶

 

*時間・流れ・料理内容は自然環境等により前後変更することがあります。


<定員>10名 ※最少催行人数6名 

<参加費> 一般  36000円(税込)  

      大学生 33000円(税込) 2名まで

 

<集合場所>

株式会社やまとわ 36office

〒399-4501 長野県伊那市西箕輪 6565-20


・車の場合、直接現地へいらしてください。


・バスの場合(バス停から車で約15分)

 参考:新宿バスタ→伊那インター前  

   名鉄BC→伊那インター前    

   いずれも所要時間 3時間半程


・電車の場合(駅から車で約15分)

 JR伊那北駅 下車

 

※重要※ GWにより交通機関が大幅に遅れることを想定しご出発ください。

     前入りも可能。要相談。



<対象>(いずれか1つでも興味がある人、当てはまる人)

森、環境、食、作る、生きる力、地球

食べ物はどこからやってくるのか、焚き火、

森の未来を作りたい、食の未来を作りたい、意識を変えるヒントが欲しい、など。

原則として、ポジティブな気持ちのある人。思いやりのある人。

何事も、はじめの一歩から。

 

<参加型とは>

この会にお客さんはいません。

一方向ではなく双方向コミュニケーションの場です。

チームの一員の気持ちで動きます。目的意識を持って学びます。

手を動かし、体を動かし、時間をかけて食卓を作る。

等身大に、ありのまま。肩書き不要。

迷った時は、火を使い始めた原人の気持ちで。


<持ち物・服装>

・マイボトル、カトラリー、マイカップ

・シースナイフもしくはペティナイフあれば

・軍手

・汚れても良い動きやすい靴と服装。燃えやすい服NG。

茂みの中や山の斜面を歩きます。服にたくさん種がついたり、トゲで傷つくことあり。

  

<お問い合わせ・お申し込み>

HP上のcontactより、表題を「4/29申し込み」とし、


1、お名前(一般・大学生)

2、連絡先(住所・電話番号)

3、参加の動機

4、交通手段(車・バス)

5、その他質問などありましたら


をご記入の上お申し込みください。

追って詳細をお送りいたします。

 

<キャンセルポリシー>

・準備の関係で、原則4/22以降のキャンセルはご遠慮いただいています。

 代理の方の出席は歓迎。

(悪天候やコロナ状況による中止については100%返金いたします

 恐れ入りますが振り込み・返金時に発生します手数料はご負担をお願いしております。)

 

<注意事項>

・体調不良、発熱がある方はご遠慮ください。体調管理をお願いします。

・勧誘行為や不当な利用を考える方は固くお断りします。

・取材が入ることがあります。写真・映像をsns等で利用することがあります。顔出しNGの方は事前にお知らせください。

 


<主催>

三上奈緒 旅する料理人

https://www.naomikami.com/


<共催>

株式会社やまとわ

https://yamatowa.co.jp/












閲覧数:536回0件のコメント

最新記事

すべて表示